FC2ブログ
 

アクセスカウンター

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ようこそアリアドネの日記へ!

zacho

Author:zacho
こんにちは。
duet in Labo!のzachoこと甲斐智堯です。

最近はこんな感じです。

・LABO!の次回公演は来春になるらしい
・携帯を変えてちょっと嬉しい
・でもワンセグの入りが千葉はイマイチでプチへこみ
・愛用のメガネを落としてマジへこみ
・youtubeにハマッてるらしい
・今最も恐ろしい言葉は、「ワンモアセッ!」
・柳原可奈子のネタがハイレベルでびっくり!ヤツを見損なっていたと猛省
・ハワイのトイレでは人形イラストまでアロハを着てた

バロメーター

リンク

最近のアリアドネの日記

トピック別の分類

月別の分類

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

日記内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不思議地底窟 青の奇蹟 企画 夏の2連続公演

公演タイトル長っ!

オルガン・ヴィトーという集団が「あたま山心中」をやるっていうので、7月14日の台風上陸の最中に観てきました。

atamayama.jpg


芝居というのは人が変われば随分と違うものになるんです。
当たり前っちゃ当たり前なんですけど。
じゃなかったらシェイクスピアとか、古典を観たいって興味になるわけないもんね。
さて、そんなわけでこの集団の持ち小屋「青の奇跡」まで言ってきたわけですが、この下高井戸の線路沿いの居酒屋の地下、ってロケーション、たっぷりアングラ色に満ちていて、この演目には確かに合ってます。

妹の頭の上に生えたという設定の桜の木、我々も実際に頭にはやすんではなく、舞台上に存在させて処理をしましたが、こちらのユニットも同じ趣旨で処理してました。ただし我々と違ってリアルな桜の木を作りこんでました。このあたりは持ち小屋のアドバンテージでしょう。

出演するのはベテランの男女俳優さん。おそらくは、長い期間長い時間稽古で煮込むのではなく、即興的に舞台上で生まれる雰囲気を重視したい、会話も新鮮に楽しみたい、というコンセプトなんでしょう。

それにお二人とも、役柄を自分の方に引き入れて、演技してる感を出したくないタイプの方なんでしょうね。台詞の語調や語尾をかなり自在に変えていました。

でも今回はそれがよく作用していたとは思えないですね。

なんせミスが多い。

本を読んだとか、私のようにやったことがあるってんじゃないと気づかないとは思いますが、あっちこっち飛んだりループしたりしまくって、結構綱渡り的な感じ。

正直言ってこういう処理で「生」風をアピールするのは私個人は好きではないので(だからこそ自分の企画ではみっちり稽古時間をとったので)、意図が裏目に出てるのでは?と思ったあたりからは芝居を楽しめなかったですね。

この戯曲が好きで、世界観をきちんと成立させて・・・って事で「あたま山」を選んだわけではないのでしょう、力のあるベテランさんが、うまく自分たちの力量に合いかつ奔放に遊べる戯曲と見込んで選んだんではないでしょうか?

残念ながらそういう成果にはいたってなかったといわざるを得ないですが。

でも、自分の時に読みきれていなかったり、上手く処理できなくて不完全燃焼に終わっていた箇所で「なるほど!」といくつか発見はありましたので、収穫は大いにあり。

なので最終的には感謝しつつ、見終えたのでした。





スポンサーサイト

<< hava a wonderful life to him!  【BACK TO HOME】  演劇企画ミルク寺 ご近所公演『たまごをわる』 >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 



Powered by FC2ブログ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。